お風呂上りのパックは欠かせない

もともと乾燥肌の私は、毎日お風呂上りには肌が裂けてしまいそうなほどのカサカサ感を感じていました。

お風呂から上がったらなるべく早くスキンケアをすることを心がけているのですが、これがなかなか効果がありません。スキンケアをした直後は潤いがあるように感じるのですが、15分ほどたつと肌はもうカサカサ。

化粧水の減りはとても早く、もっと手軽に潤いを与えたいと思って始めたのがフェイスパックです。毎日使うことができる、比較的リーズナブルな価格のフェイスパックを使っていますが、私にはこれがかなり効果的でした。

お風呂上りに軽く化粧水で肌を整えたら、フェイスパックを顔全体に貼って10分ほど放置するだけ。たっぷりの水分を顔全体にいきわたらせることができるので、パックをした後は陶器のような滑らかな肌になります。ハンドプレスでなじませて乳液で仕上げれば、翌日の朝もしっとりとしています。

肌がツルツルになったことと合わせて効果を実感したのが、毛穴の開きが小さくなったことです。肌が乾燥しているときは毛穴も目立ちやすく、メイクのノリもいまいちでした。パックを毎日するようになってからは、肌のトーンは明るくなり毛穴も引き締まりました。メイクのノリも今までよりもよくなったうえ、メイク崩れもにしくくなったように感じます。

寒い時期はフェイスパックのひやっとした感じが不快でしたが、レンジで10秒ほど温めてホットパックにすることで解消しています。
ホットパックにすることで血行も良くなり、よりツルツルの肌に仕上がるので気に入っています。