お風呂上りのパックは欠かせない

もともと乾燥肌の私は、毎日お風呂上りには肌が裂けてしまいそうなほどのカサカサ感を感じていました。

お風呂から上がったらなるべく早くスキンケアをすることを心がけているのですが、これがなかなか効果がありません。スキンケアをした直後は潤いがあるように感じるのですが、15分ほどたつと肌はもうカサカサ。

化粧水の減りはとても早く、もっと手軽に潤いを与えたいと思って始めたのがフェイスパックです。毎日使うことができる、比較的リーズナブルな価格のフェイスパックを使っていますが、私にはこれがかなり効果的でした。

お風呂上りに軽く化粧水で肌を整えたら、フェイスパックを顔全体に貼って10分ほど放置するだけ。たっぷりの水分を顔全体にいきわたらせることができるので、パックをした後は陶器のような滑らかな肌になります。ハンドプレスでなじませて乳液で仕上げれば、翌日の朝もしっとりとしています。

肌がツルツルになったことと合わせて効果を実感したのが、毛穴の開きが小さくなったことです。肌が乾燥しているときは毛穴も目立ちやすく、メイクのノリもいまいちでした。パックを毎日するようになってからは、肌のトーンは明るくなり毛穴も引き締まりました。メイクのノリも今までよりもよくなったうえ、メイク崩れもにしくくなったように感じます。

寒い時期はフェイスパックのひやっとした感じが不快でしたが、レンジで10秒ほど温めてホットパックにすることで解消しています。
ホットパックにすることで血行も良くなり、よりツルツルの肌に仕上がるので気に入っています。

肌の保湿を保つ

私のお肌をツルツルにする秘訣は、保湿クリームと半身浴でのリンパマッサージです。

肌がツルツルにならない原因は、保湿が足りないからではないかと考えました。元々乾燥肌だったので、ボディクリーム・ハンドクリーム・顔には「保湿効果」と書かれた乳液を入念に塗ることにしました。徹底的に全身に保湿クリームを塗ることによって、2.3日で肌がツルツルになってきました。やっぱりきちんと保湿していれば肌はしっとりツルツルしてくるんだと思い、もう10年以上続けています。

ただ、年齢とともに保湿クリームが身体に浸透しなくなってきたので、何度もクリームを替えました。クリームだけじゃこの先不安になったので、お風呂でリンパマッサージを始めました。これが、すごく効きます。首から足の付け根まで半身浴でマッサージをして、身体の中からポカポカになったところにクリームを塗る。毛穴から浸透していってるのが体感でわかりました。

ここで、ポイントですが、顔に塗る化粧水は冷やしておくことです。パックとかも冷たく冷えているものが多いじゃないですか、その定義で私は冷蔵庫で常に冷やしています。冷やした化粧水を塗る、保湿成分たっぷりの乳液を塗る、首から胸にかけて保湿たっぷりボディクリームを塗る、下半身は特にむくみやすいのでマッサージをしながらボディクリームを塗る。これを毎日お風呂上がりに繰り返すことで、冬でも乾燥しなくなりました。朝起きるといつも肌がツルツルしてるので、すっぴんでも恥ずかしいと思いません。そもそもどうしてこの方法にたどり着いたかというと、テレビで肌のキレイな女優さんが実施していたからです。効果絶大でこれからも毎日続けようと思います。

つるつる肌に憧れて

私の肌の悩みは、混合肌であることです。

夏には脂性肌、冬には乾燥肌という悪魔のような混合肌にいつも悩まされています。乾燥肌の時期になると顔をさわったときにカサカサしていてうるおいもなく、年を取った印象になってしまうので困っています。

このように、とても困った肌質ですので、つるつる肌にとても憧れています。つるつる肌になるために、インターネット上でいろいろと低価格で買えて、なおかつ効果抜群になるような肌のケア商品がないか探していました。

そんなときに見つけたのが、すごくしっとりするタイプのオールインワンジェルでした。これを選んだ理由は、1000円未満で購入することができて、なおかつ口コミでよかった。乾燥肌がよくなった。とか、そういった高評価な商品であったからです。この金額であれば、たとえ自分に合わなくても後悔しないでそのまま最後まで使えそうな値段だなと思ったのです。

実際に使用してみて、今まで使っていたケア商品よりも自分に合いました。しっとりというのではなく、すごくしっとりタイプだったので、使ったあとはとてもしっとりしました。寝る前に顔を洗ってからこのオールインワンジェルを使用し、翌朝になって肌を触ってみると、カサカサ乾燥肌はどこへやら、つるつるすべすべしていました。これはとてもうれしいかったし、なによりコスパがとんでもなくよかったです。

ただ、このオールインワンジェルは乾燥肌にぴったりという感じなので、夏の脂性肌のときにはべとべとになるので使うのはちょっと考えています。

そのほかにも、つるつる肌になるために、野菜を多くとるようにしました。毎日キャベツの千切りをどっさり食べていました。食物繊維たっぷりなのでお通じもよくなり、肌への影響もよさそうです。

毎日のスキンケア

現在、私は、43歳です。
8歳の娘と5歳の息子を子育て中の主婦です。
本来、私は、乾燥肌でして、子どもを出産してからは、お肌のお手入れをさぼりがちでした。
しかし、今では、お肌の美容のために、化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームを毎日欠かさずぬるようにしています。

2年前、私が実家へ遊びに帰った時に、幼い子供たちの育児に追われ、やつれている私の肌を見た母が、
「もっとお肌にクリームをぬってあげなくてはだめだよ。特に、目の下は、たっぷりとぬってあげてね。年齢は、目の下にでてくるからね。」とアドバイスしてくれました。

現在、私の母は、72歳ですが、お肌がとてもきれいです。
母は、東京都の小学校教諭を65歳までしていましたが、人の前に立つ仕事でしたので、若いころから、お肌の手入れは、しっかりとしていました。
先日、母と一緒に百貨店のお化粧品売り場へ行く機会がありました。
お化粧品売り場の店員さんは、母の肌を見て、「(72歳であるのに)お肌がきれいですよね。」と感心していました。
また、一昨年、母は、ビジネスツアーでポルトガル旅行を10日間ほどしてきました。
一緒のツアーに参加していた人で、お肌のとてもきれいな女性がいました。
彼女の年齢は、60歳でして、高級化粧品を扱うお仕事をしていました。
母は、彼女にお肌がきれいな理由をたずねました。
彼女は、「とにかく美容液を毎日ぬることです。」と答えました。

母のアドバイスやお話しをきっかけに、私は、化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームを毎日欠かさずぬるようにしています。
特に、年齢がでてくる目の下は、意識して重点的にぬるようにしています。
以前、私のスキンケア方法は、化粧水・美容液・乳液だけでしたが、母のすすめで、ナイトクリームを追加しました。
ナイトクリームを追加してから、朝起きた時に、お肌がぬれたようにしっとりとするようになりました。
乾燥肌の私にとっては、とても役に立っています。
そして、水で洗い流した後のお肌は、ツルツルとしています。
ちなみに、ナイトクリームは、寝る前にだけぬっています。
また、お肌は、夜作られますので、私は、できるだけ夜12時前に眠るようこころがけています。
ツルツルお肌のためには、充分な睡眠と毎日のスキンケアが大切です。
私は、美人肌をめざし、今後のスキンケアをしっかりしていきたいです。

肌のために行ったこと

私はお金をあまりかけないずにツルツル肌を目指しました。

まず生活習慣を正すことです。まず朝は必ず6時に起床し、体温に近い温度の白湯を飲み身体をなかなから温めます。その後20分~30分かけてゆっくりストレッチをしていきます。じんわりと汗をかく程度が私はベストです。

次に朝ごはんです。朝ごはんは多少バランスは気にするにしても好きなものを好きなだけ食べていました。私の場合は朝から夜にかけてだんだん野菜を多めに、油物は控えめにを心がけていた為、朝だけはOKというルールを作っていました。

夜は11時には布団に入り12時までには寝るというのを意識しました。睡眠時間は長くても7時間短くても5時間を心がけていました。
次に行ったことは入浴時間を有効に使うということです。

お風呂で顔を洗う前に湯船に入り100円均一に売っているシリコンマスクを付けます。10分程つけると湯船からの湯気とシリコンマスクのおかげで顔の毛穴が開いて毛穴の汚れが取れやすくなります。

毛穴を開かせた後には手作りのシュガースクラブで顔を洗います。シュガースクラブはエキストラバージンオイルと砂糖を一対一で混ぜたものです。手作りですので安全でリーズナブルなのでたっぷり使えます。この時に注意する事は必ず優しく円を描くようにして洗うという事です。顔の肌はすごく敏感な為スクラブでゴシゴシ洗ってしまうと肌に傷をつけてしまうので注意です。

その後いつも通りの洗顔をします。お風呂から上がったらお肌を保湿します。比較的リーズナブルな化粧水(ハトムギ化粧水)等をたっぷり使うようにしています。その後ベビーオイルで蓋をしてスキンケアは終了です。

これらはすぐに効果が出るものではありませんが、私は1週間後ぐらいから格段に肌のツヤ、弾力が変わりました。

保湿とピーリングと洗顔

混合肌で、テカリとカサつきに悩んできた私の対策です。

私の肌は、1年中Tゾーンはテカっているのに、冬から春にかけての乾燥時期には、目の周りや口元はカサカサしているという状態でした。
それでも、若さのせいか、テカリの方が気になっていたため、テカリ対策に重点を置いてきました。

何年も続けて、しかもずっと効果がなかった「自己流のテカリ対策」は次の通りです。
・脂性肌用の洗顔料をいくつも試す。
・朝も夜もしっかり洗顔を欠かさない。
・メイクを落とすのが面倒なときは、シートでゴシゴシふき取る。
・さっぱり化粧水をボトルに入れて、シュッシュとするだけ。
・乳液、美容液はテカるので使わない。
・メイクは薄くマットに仕上げる。

雑誌やネットで、テカリ対策を見ると、
「肌には適度な皮脂が必要なので、皮脂を落としすぎてもいけない」
「肌が皮脂を求めて、かえって油っぽくなってしまう」
「テカリを改善するには、保湿が必要。しっかり保湿を」
などと書かれていましたが、洗顔を怠るとテカったままであるし、保湿はテカリの敵だと思っていたのです。

そして数年。お肌の曲がり角にさしかかると、テカリはそのままで、乾燥がひどくなってきました。
そこでようやく、次の3点を心がけることにしました。

まずは保湿。さっぱり化粧水をボトルに入れるのはやめて、コットンを3枚ほど重ねて適度に化粧水を取り、入浴後にパッティングをすることにしました。乾燥しやすい目元や口の周りは、特に丁寧に心がけて。寝る前には、軽めの乳液か美容液もつけることにしました。

次にピーリング。年齢とともに、肌の新陳代謝が落ちてきたように感じていました。このため、週に1、2回、フルーツ成分の軽いピーリングをして古い角質を取り除くと、翌朝カサつきがなくなって、化粧のりが良くなったのです。

最後に洗顔。忙しくてバタンキューの日は、シートでメイク落としをしていましたが、洗顔には勝らないと気付きました。そこで、必ず毎晩洗顔をすることにしました。

こうしてテカリよりもカサつき対策をすることで、いつの間にかテカリが落ち着きました。これまでどれだけテカリ対策のコスメなどを試してきたことか…。

あの頃の自分に「保湿とピーリングと洗顔だよ!」と言ってあげたいです。肌の状態は十人十色なので、まずは自分に合うケアを探すのが重要なんだと思ってます。