ツルツル肌には保湿が重要

私もツルツル肌に憧れて、色々試しました。その中で効果があったなと思う物を伝えたいと思います。

まずは、洗顔は水かぬるま湯でやる事です。いつも温かいお湯で洗ってましたが、テレビで水やぬるま湯で洗う方がいいと言っていてやりはじめました。お風呂あがりはいつも乾燥を感じて化粧水をすぐに塗っていたのが、それだけでよくなりました。保湿されるというより、乾燥しないという事です。それからは、体もあまり熱いシャワーをかけないように注意するようしました。

次は、お風呂場でベビーオイルを全身に塗る事です。今までは、体を拭いて外に出てからボディークリームを塗ってました。これは、雑誌を見てやりはじめました。これもすごく効果がありました。お風呂場の蒸気で保湿されてる所にオイルで蓋をするような感覚です。しかも、冬とかは寒くなく、クリームよりオイルのが伸びもよく塗りやすいです。これで、冬の粉拭きもなくなりました。しかもベビーオイルは安くてうれしいです。そのベビーオイルにアロマを数滴して、マッサージするとすごく気持ちいいです。

3つ目は、水分をたくさんとるです。定番ですけど、やっぱり効果があります。体に水分がないと、乾燥しちゃいますよね。これは保湿とは関係ない健康番組でみて、保湿にも効果があると思いやりはじめました。水分は、冷たい物ではなく、ぬるい物かホットで飲みます。そして一気に飲むのではなく、こまめに水分補給します。効果は、保湿された気がする程度です。でも、トイレの回数も増えて、毒素が出るのか、デキモノは出来にくくなりました。なので、ツルツル肌には効果があります。

シャワーではなくゆっくりとお風呂に入る

私がお肌ツルツルになるために実践しているのは、「じっくりと時間をかけて半身浴をする」ということです。

以前はよほど寒くない限りお風呂はシャワーで済ませていたのですが、マイホームを購入してお風呂場を広くしたのをきっかけに、シャワーでなくお風呂につかるようになりました。実際にシャワーでなくお風呂につかるようになると、お肌の状態が確実に良くなっているのを感じるようになりました。「これからは夏でもお肌のためにお風呂につかるようにしよう」と決めました。

私なりのお肌ツルツルにするための入浴法としては、ぬるめのお風呂にゆったりと入るということ。というのは、熱すぎるとすぐにのぼせてしまい結局すぐにお風呂をあがることになってしまうから。また、熱すぎるお湯はお肌の潤いを奪ってしまい、逆に乾燥肌になってしまうので良くないらしいです。

また、少しぬるめのお湯でも十分に毛穴は開くそう。お風呂にたちこめる蒸気もスチーム効果があり、ある程度の時間その場にいるだけでも毛穴が開いて、汚れが落としやすくなるのです。

私お風呂に入る際は最初は顔を洗わず体だけ洗って浴槽に入ります。そしてしばらく(10分程度)お風呂につかってから、クレンジング・洗顔をします。こうすると普通にクレンジングするよりもお肌のもっちり度が違うんですよ。

そして、入浴後に大事なのは十分に保湿するということ。保湿が足りなかったり時間を置いてしまうとあっという間にカサカサになってしまいます。私は化粧水と乳液を洗面台に置き、入浴後すぐにたっぷりとつけるようにしています(これでもかというくらい付けるのがポイントです!)。

米ぬか美顔法

米ぬか美顔法は知っていますか?今では米ぬかは、あまり見ないですが昔は良くある物でした。米ぬかには、ビタミン類や様々な栄養素が多く含まれています

顔のシミとくすみで悩んでいた私は米ぬか美顔法を試してみました。方法は洗顔前に米ぬかを顔に適量塗り、優しくマッサージするだけです。1分ほどクルクルと円を描く様にマッサージしたら、米ぬかを洗い流します。その後は、軽く洗顔して普段のお手入れをすれば終了です。

最初の時は結構米ぬかを顔に塗る事に抵抗がありました。何とも言えない妙な感触があるのです。米ぬか美顔法をした当日は特に効果は実感出来ませんでした。

米ぬか美顔法を2週間続けた所、顔が何だかツヤツヤしてきました。以前みたいにくすんだ感じが無いのです。しかし顔の一部分白くなっている箇所も出来てしまいました。とはいえそんなに目立つ物でも無かったので米ぬか美顔法を続行しました。

米ぬか美顔法を2か月した結果、顔はツヤツヤになりさらに美白効果もありました。米ぬか美顔法を始めて2週間経った頃から顔の肌の一部分が白っぽくなっていました。その肌が白くなる部分が次第に広がり、最後は顔全体が綺麗な白い肌になったのです。

米ぬかには様々なお肌に良い成分が含まれていて、顔のくすみだけで無く美白効果もあります。米ぬか美顔法は、米ぬかさえあれば簡単に出来ます。米ぬかがある人は是非お試しください。

汚れをしっかり落として綺麗肌

元々あまり肌のトラブルはなかった私ですが、どうしても最近肌のくすみが気になって仕方なかったので、改善できる方法はないか色々試してみました。

とても肌が綺麗な友達に色々と聞いて挑戦してみたのですが、その中で良かったのが蒸しタオルでパックする事です!家にある普通のタオルを水で濡らしてしぼった後レンジでチンするだけなのでコストもかからず、簡単にできました。

帰宅後、メイク落としをした後に蒸しタオルで温めて毛穴を開いた後で洗顔する事が多いのですが、汚れがしっかり落ちてさっぱりします。ベビーオイルなどで軽くマッサージした後に蒸しタオルを乗せてしばらくパックし、さらにマッサージしてふき取るのもオススメです。朝も時間がある時にやっていますが、朝パックすると肌が柔らかくなる感じで、化粧水の浸透が良くなり、化粧のノリも違います。温かくて気持ちがいいし、気分によって好きな香りのアロマオイルなどを少し落とすとリラックスもできます。

古い角質が取れるように、普段から週に1,2回スクラブで顔をマッサージしているのですが、その後には必ず普通のシートパックをしています。そこに蒸しタオルをプラスしてあげるともちもちでツルツルの肌になります!

友達は月1でエステに行っているみたいですが、私にはちょっと高くて続けるのにはちょっと。。と思ったので自宅で手軽にできる蒸しタオルをパックを試してみたのですが、十分満足しています。やっぱり毛穴の汚れをきちんと落としてあげる事が一番大事です。その後にしっかりと保湿してあげるだけで、肌の状態がずいぶん変わってきました。

特別高い化粧品は使っていませんが、ハリも出てきて透明感も出てきたのを実感しています。これからもツルツルの肌が保てるように続けていきたいです。

乾燥肌からツルツル肌にした3つの方法

35歳を過ぎた辺りから肌が乾燥しやすくなって皮膚が落ちてくるようになりました。しかも乾燥している部分が炎症を起こしてしまう事もあるので改善していかなければいけないと思いました。それでいろいろな方法で改善していったら乾燥肌が改善されて肌がツルツルになるほど綺麗になりました。そこで乾燥肌からツルツル肌にした方法を挙げていく事にしましょう。

・洗浄力の弱い洗顔料を使用して洗顔するように改善

今まで洗顔する時は汚れが綺麗に落ちるように洗浄力の強い洗顔料を使用して洗顔をしていましたが、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまったので乾燥してしまう原因になっていました。それで肌が乾燥しやすくなっていたので肌に必要な皮脂まで洗い落とさないように洗浄力の弱い洗顔料に変えて洗顔するようにしました。すると乾燥しなくなってきて肌がツルツルの状態になっていきました。

・納豆を毎日食べるようにした

納豆は健康食品として有名ですが、肌をツルツルにする効果もありました。納豆には女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので毎日食べる事で肌の状態が良くなっていきました。また血液をサラサラにする効果もあり栄養素が全身に行き渡りやすくなったのも肌がツルツルになった要因だと思いました。

・規則正しい時間に睡眠を7時間以上取るようにした。

日常生活の中で肌にダメージを受けますが、修復するには成長ホルモンが分泌する22~2時の時間帯に睡眠を取る必要がありました。それで22~2時の時間帯を含めて7時間しっかり睡眠を取るようにしたら肌の状態が良くなってきてツルツルになりました。規則正しい時間に睡眠をしっかり取る事も重要だと思ったので実践してみました。

肌のために行ったこと

私はお金をあまりかけないずにツルツル肌を目指しました。

まず生活習慣を正すことです。まず朝は必ず6時に起床し、体温に近い温度の白湯を飲み身体をなかなから温めます。その後20分~30分かけてゆっくりストレッチをしていきます。じんわりと汗をかく程度が私はベストです。

次に朝ごはんです。朝ごはんは多少バランスは気にするにしても好きなものを好きなだけ食べていました。私の場合は朝から夜にかけてだんだん野菜を多めに、油物は控えめにを心がけていた為、朝だけはOKというルールを作っていました。

夜は11時には布団に入り12時までには寝るというのを意識しました。睡眠時間は長くても7時間短くても5時間を心がけていました。
次に行ったことは入浴時間を有効に使うということです。

お風呂で顔を洗う前に湯船に入り100円均一に売っているシリコンマスクを付けます。10分程つけると湯船からの湯気とシリコンマスクのおかげで顔の毛穴が開いて毛穴の汚れが取れやすくなります。

毛穴を開かせた後には手作りのシュガースクラブで顔を洗います。シュガースクラブはエキストラバージンオイルと砂糖を一対一で混ぜたものです。手作りですので安全でリーズナブルなのでたっぷり使えます。この時に注意する事は必ず優しく円を描くようにして洗うという事です。顔の肌はすごく敏感な為スクラブでゴシゴシ洗ってしまうと肌に傷をつけてしまうので注意です。

その後いつも通りの洗顔をします。お風呂から上がったらお肌を保湿します。比較的リーズナブルな化粧水(ハトムギ化粧水)等をたっぷり使うようにしています。その後ベビーオイルで蓋をしてスキンケアは終了です。

これらはすぐに効果が出るものではありませんが、私は1週間後ぐらいから格段に肌のツヤ、弾力が変わりました。

スクラブ洗顔

私がツルツル肌になるために現在進行形で行っているのは、スクラブ入りの洗顔料で顔を洗うということです。
ちなみにその商品は、クラランスの「ワン ステップ エクスフォリエイティング クレンザー」。
お肌の汚れはもちろん、スクラブ入りなので古い角質を落としてくれて本当にツルツルのお肌になれるんです!

この洗顔料を試そうと思ったきっかけは、10代の頃からずっと鼻の黒ずみが気になっていたから。

ネットで色々調べてみると、「無理に角質を押し出したりすると逆効果なので、毎日きちんと正しい洗顔をすること」で鼻の黒ずみは取れる!という記事を見つけました。

早速ドラッグストアで「鼻の黒ずみが綺麗になる」とのキャッチコピーがある洗顔石鹸を買って使ってみたのですが、全く効果が出ず…。やはり普通の洗顔石鹸じゃダメなんだな…とがっくりしながら色々調べているうちにこの洗顔料の存在を知りました。ネットでの口コミもなかなか良かったので、とりあえずダメ元で買って使ってみたのですが、これがとても良いのです!

スクラブは結構固めでゴリゴリしているのですが、それがお肌の角質を綺麗に落としてくれる感じがします。洗い上がりは本当にツルツル!今までにこんなに使用感に満足した洗顔料はありません。

現在1か月くらい使い続けていますが、あんなに長年悩んでいた鼻の黒ずみがかなり軽減されました。顔のお肌全体もツルツルです。正直、暇があったらついつい触ってしまうくらいです。

ただ、保湿をしっかりする必要があります。一度洗った後に保湿しないでいたら、お肌が粉をふいてしまいました。これで洗顔した後すぐに高保湿タイプの化粧水・乳液をしっかりつけておくと、本当にツルツルですよ。

特別ケアよりも基礎化粧品と食生活の改善

ドラッグストアでチューブタイプの洗顔フォームを買って試してみました。
お肌の古くなった角質をすっきりと落としてお肌のザラつきを改善してくれるという触れ込みだったマイクロスクラブ入りの商品です。

使ってみると確かに顔を洗った直後はお肌がツルツルになりましたが、洗浄力と摩擦力が強すぎたのかお肌の乾燥がひどくなってしまって、結局はすぐに使うのをやめてしまいました。

元々オイリー肌なので小鼻の周りや口元にいわゆる角栓ができやすく、見た目にも汚らしくて気になっていました。スクラブ洗顔の次に試してみたのが角栓やザラつきを取り除く効果があると謳われていたクレンジングオイルでした。これも使ってみると角栓が取れる事は取れしばらくの間はツルツルお肌にはなるんですが、パッケージに書かれている通りにマッサージするように使っているとどうしても摩擦が起こってしまい、お肌の色素沈着を招くのではないかと思って今は普通のメイク落としとして使っています。

他にも色々とお肌に良さそうな物は試してきましたが、一番効果があると思ったのは余計なものが使われていない薬用の基礎化粧品を惜しみなくたっぷりとお肌にチャージする事でした。それに加えて野菜中心の食生活を心がける事、ストレスを溜めないようにする事。それに汗をかく運動や半身浴をプラスするだけで、いつもと変わらず特別な化粧品も使っていないのにお肌のキメが整ってきたので、高価な化粧品を使うよりも生活習慣の改善を心がけた方が綺麗なお肌に導くための近道なのではないかと思いました。

保湿とピーリングと洗顔

混合肌で、テカリとカサつきに悩んできた私の対策です。

私の肌は、1年中Tゾーンはテカっているのに、冬から春にかけての乾燥時期には、目の周りや口元はカサカサしているという状態でした。
それでも、若さのせいか、テカリの方が気になっていたため、テカリ対策に重点を置いてきました。

何年も続けて、しかもずっと効果がなかった「自己流のテカリ対策」は次の通りです。
・脂性肌用の洗顔料をいくつも試す。
・朝も夜もしっかり洗顔を欠かさない。
・メイクを落とすのが面倒なときは、シートでゴシゴシふき取る。
・さっぱり化粧水をボトルに入れて、シュッシュとするだけ。
・乳液、美容液はテカるので使わない。
・メイクは薄くマットに仕上げる。

雑誌やネットで、テカリ対策を見ると、
「肌には適度な皮脂が必要なので、皮脂を落としすぎてもいけない」
「肌が皮脂を求めて、かえって油っぽくなってしまう」
「テカリを改善するには、保湿が必要。しっかり保湿を」
などと書かれていましたが、洗顔を怠るとテカったままであるし、保湿はテカリの敵だと思っていたのです。

そして数年。お肌の曲がり角にさしかかると、テカリはそのままで、乾燥がひどくなってきました。
そこでようやく、次の3点を心がけることにしました。

まずは保湿。さっぱり化粧水をボトルに入れるのはやめて、コットンを3枚ほど重ねて適度に化粧水を取り、入浴後にパッティングをすることにしました。乾燥しやすい目元や口の周りは、特に丁寧に心がけて。寝る前には、軽めの乳液か美容液もつけることにしました。

次にピーリング。年齢とともに、肌の新陳代謝が落ちてきたように感じていました。このため、週に1、2回、フルーツ成分の軽いピーリングをして古い角質を取り除くと、翌朝カサつきがなくなって、化粧のりが良くなったのです。

最後に洗顔。忙しくてバタンキューの日は、シートでメイク落としをしていましたが、洗顔には勝らないと気付きました。そこで、必ず毎晩洗顔をすることにしました。

こうしてテカリよりもカサつき対策をすることで、いつの間にかテカリが落ち着きました。これまでどれだけテカリ対策のコスメなどを試してきたことか…。

あの頃の自分に「保湿とピーリングと洗顔だよ!」と言ってあげたいです。肌の状態は十人十色なので、まずは自分に合うケアを探すのが重要なんだと思ってます。