ツルツル肌には保湿が重要

私もツルツル肌に憧れて、色々試しました。その中で効果があったなと思う物を伝えたいと思います。

まずは、洗顔は水かぬるま湯でやる事です。いつも温かいお湯で洗ってましたが、テレビで水やぬるま湯で洗う方がいいと言っていてやりはじめました。お風呂あがりはいつも乾燥を感じて化粧水をすぐに塗っていたのが、それだけでよくなりました。保湿されるというより、乾燥しないという事です。それからは、体もあまり熱いシャワーをかけないように注意するようしました。

次は、お風呂場でベビーオイルを全身に塗る事です。今までは、体を拭いて外に出てからボディークリームを塗ってました。これは、雑誌を見てやりはじめました。これもすごく効果がありました。お風呂場の蒸気で保湿されてる所にオイルで蓋をするような感覚です。しかも、冬とかは寒くなく、クリームよりオイルのが伸びもよく塗りやすいです。これで、冬の粉拭きもなくなりました。しかもベビーオイルは安くてうれしいです。そのベビーオイルにアロマを数滴して、マッサージするとすごく気持ちいいです。

3つ目は、水分をたくさんとるです。定番ですけど、やっぱり効果があります。体に水分がないと、乾燥しちゃいますよね。これは保湿とは関係ない健康番組でみて、保湿にも効果があると思いやりはじめました。水分は、冷たい物ではなく、ぬるい物かホットで飲みます。そして一気に飲むのではなく、こまめに水分補給します。効果は、保湿された気がする程度です。でも、トイレの回数も増えて、毒素が出るのか、デキモノは出来にくくなりました。なので、ツルツル肌には効果があります。

代謝をとにかく上げる

良い(自分に合う)スキンケア用品を使うのはもちろんなんですが、外側からだけでなく、内側からもキレイにしていくことが、つるつる肌への近道と思い、私は毎朝起きてコップ一杯の水を飲むようにしています。朝一番に水を飲むことによって、体の代謝があがります。冷え性だったのですが、この習慣を続けることによって冷え性も改善されつつあります。朝以外にもできるだけ水分を摂取するようにしています。水分をたくさん摂ることで体質もかわってきて、肌も明るくなりました。体に良いことをするともちろん肌にも効果がありました。

水分摂取の他は、スキンケアをしっかりしています。中でも私は、ナリス化粧品のふきとり用化粧水を愛用しています。使うまでは化粧水で拭き取るなんて肌が傷つきそうと抵抗があったのですが、使い始めると効果がすごくわかります。コットンにふきとり用化粧水をとり、優しく肌をなでるようにして、老化角質をふきとることで、肌のターンオーバーを促します。その後はしっかり保護化粧水、乳液、クリームとで保湿をしています。このふきとり用化粧水を使うことで、化粧水が肌により浸透しやすくなった気がしますし、肌も明るくなりました。一年以上使っていますが、こんなに効果が出た化粧水ははじめてですし、今後も使い続けたいなぁとと思っています。

あとは、セルフマッサージをしています。マッサージ用のパックを使って、顔のマッサージをしています。顔のマッサージをすることによって、血行が良くなり、リフトアップ効果もあり、肌も柔らかくなるので化粧水が入りやすくなり栄養もしっかりと浸透するので、お肌はスキンケアだけよりもマッサージをプラスすることで、キレイなお肌への近道になります。

食生活の改善と保湿効果のある化粧水

私は30代後半の時、顎から口の周りに大量のニキビのような吹き出物ができて、困っていました。顎ニキビは、1カ月の周期で、出来ては消える繰り返していました。そのため、メイクのノリが悪く、友達も心配してくれるほどでした。

「どうしても顎ニキビを治したい」そう思った私は、真剣に顎ニキビの改善に取り組みました。

薬剤師さんのアドバイスもあり、私が実践した美肌になる方法は、主に2つです。

1つは食生活の改善です。それまで不足しがちだった野菜、特に、かぼちゃやニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に食べるようにしました。それでも、やはり、野菜は不足しがちになるので、私は毎晩、寝る前に青汁を飲んでいました。私が選んだのは、国産有機ケール100%の青汁です。ケールは、緑黄色野菜の中でも、特に栄養価が高く、スーパー野菜と呼ばれている食材です。それを毎日摂ることで、野菜不足を解消することにしました。

青汁は、青臭さや苦味があるので、それを消すために、私は、牛乳と、はちみつを加えて飲んでいました。 こうすることで、青汁の苦味や、青くささをそれほど感じることなく、おいしく飲むことができましたし、さらに、肌に良いはちみつや、牛乳の栄養素も摂ることができて、一石二鳥でした、青汁を飲んでみて、一番良かったことは、便秘が解消できることでした。腸の中をきれいにすることで、体の中からきれいになり、ツルツルなお肌を目指すことができるようになりました。

私は、青汁を飲み始めて半年が経った頃、しつこかった顎ニキビが、だんだんと減って、薄くなっていくのを実感しました。食べ物が肌に与える影響が、いかに大きいかということを実感させられた貴重な経験でした。

もう一つ、私が実践した美肌になる方法は、肌に優しい保湿成分配合の化粧水を使うことでした。「美肌には保湿をすることが大切」と、薬剤師さんに教えてもらった私は、ビタミンC誘導体や、セラミドといった肌に良い成分を配合した保湿効果の高い化粧水を使ってみることにしました。保湿効果の高い化粧水は、肌への浸透力がすごくて、肌がグイグイ化粧水を吸い込んでいるのを感じました。さっぱりした使い心地で、ヒリヒリする感じがないのも、良かったです。

この2つの対策を実践して、半年が経った頃、しつこかった顎ニキビが、徐々に薄くなりました。

乾燥肌からツルツル肌にした3つの方法

35歳を過ぎた辺りから肌が乾燥しやすくなって皮膚が落ちてくるようになりました。しかも乾燥している部分が炎症を起こしてしまう事もあるので改善していかなければいけないと思いました。それでいろいろな方法で改善していったら乾燥肌が改善されて肌がツルツルになるほど綺麗になりました。そこで乾燥肌からツルツル肌にした方法を挙げていく事にしましょう。

・洗浄力の弱い洗顔料を使用して洗顔するように改善

今まで洗顔する時は汚れが綺麗に落ちるように洗浄力の強い洗顔料を使用して洗顔をしていましたが、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまったので乾燥してしまう原因になっていました。それで肌が乾燥しやすくなっていたので肌に必要な皮脂まで洗い落とさないように洗浄力の弱い洗顔料に変えて洗顔するようにしました。すると乾燥しなくなってきて肌がツルツルの状態になっていきました。

・納豆を毎日食べるようにした

納豆は健康食品として有名ですが、肌をツルツルにする効果もありました。納豆には女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので毎日食べる事で肌の状態が良くなっていきました。また血液をサラサラにする効果もあり栄養素が全身に行き渡りやすくなったのも肌がツルツルになった要因だと思いました。

・規則正しい時間に睡眠を7時間以上取るようにした。

日常生活の中で肌にダメージを受けますが、修復するには成長ホルモンが分泌する22~2時の時間帯に睡眠を取る必要がありました。それで22~2時の時間帯を含めて7時間しっかり睡眠を取るようにしたら肌の状態が良くなってきてツルツルになりました。規則正しい時間に睡眠をしっかり取る事も重要だと思ったので実践してみました。

中からキレイに!

なんだか最近お肌を触った感じがごわごわしてるなぁ、そんなことを何気なく思ったのは、産後。
睡眠時間も少なくなり、不規則な生活になっていた時の事。

アラサーと呼ばれる年になり、いろいろごまかしがきかなくなっていたんだと思います。
朝スッピンの顔を見るのが憂鬱になり吹き出物もできるようになりました。
産後うつのような症状もあり、このままでは、気持ちまでネガティブになっていくのではないか。

そう思い、始めたのが青汁。
よく考えてみれば、赤ちゃんの世話に追われて自分の食事は大体家にある残り物で、丼もの。
野菜なんてほとんど摂ってない!そう思いました。

そこで、お肌自体に何かをするのではなく、まずは口にするものから変えていこうと思いました。
野菜を簡単に摂取する方法で、思いついたのは青汁でした。

何社か試してみましたが、苦いものはほとんどありませんでした。
今の青汁は抹茶っぽいものが多いんですね。

もちろんすぐに効果があらわれるものではないと思っていたので気長に続けました。
お湯で割ったり、牛乳で割ったりしていろいろなアレンジで工夫をしたり。

すると、1か月くらいで吹き出物はできずらくなりました。
そして、便秘も解消されるように。
見る見るうちにというわけではなかったですが、あ!なんだか調子がいい!!
そんな感じでした。

それ以来やめることなく続けていますが、今ではなくてはならない存在です。
高いお化粧品を買ったり、エステにいくことは主婦の私にはできませんが、これなら続けられる!!
そんなものに出会えました。
今は化粧ノリが以前に比べ、すごくよくなりました。
中からキレイに。すごく大切だと思いました。

肌のために行ったこと

私はお金をあまりかけないずにツルツル肌を目指しました。

まず生活習慣を正すことです。まず朝は必ず6時に起床し、体温に近い温度の白湯を飲み身体をなかなから温めます。その後20分~30分かけてゆっくりストレッチをしていきます。じんわりと汗をかく程度が私はベストです。

次に朝ごはんです。朝ごはんは多少バランスは気にするにしても好きなものを好きなだけ食べていました。私の場合は朝から夜にかけてだんだん野菜を多めに、油物は控えめにを心がけていた為、朝だけはOKというルールを作っていました。

夜は11時には布団に入り12時までには寝るというのを意識しました。睡眠時間は長くても7時間短くても5時間を心がけていました。
次に行ったことは入浴時間を有効に使うということです。

お風呂で顔を洗う前に湯船に入り100円均一に売っているシリコンマスクを付けます。10分程つけると湯船からの湯気とシリコンマスクのおかげで顔の毛穴が開いて毛穴の汚れが取れやすくなります。

毛穴を開かせた後には手作りのシュガースクラブで顔を洗います。シュガースクラブはエキストラバージンオイルと砂糖を一対一で混ぜたものです。手作りですので安全でリーズナブルなのでたっぷり使えます。この時に注意する事は必ず優しく円を描くようにして洗うという事です。顔の肌はすごく敏感な為スクラブでゴシゴシ洗ってしまうと肌に傷をつけてしまうので注意です。

その後いつも通りの洗顔をします。お風呂から上がったらお肌を保湿します。比較的リーズナブルな化粧水(ハトムギ化粧水)等をたっぷり使うようにしています。その後ベビーオイルで蓋をしてスキンケアは終了です。

これらはすぐに効果が出るものではありませんが、私は1週間後ぐらいから格段に肌のツヤ、弾力が変わりました。

特別ケアよりも基礎化粧品と食生活の改善

ドラッグストアでチューブタイプの洗顔フォームを買って試してみました。
お肌の古くなった角質をすっきりと落としてお肌のザラつきを改善してくれるという触れ込みだったマイクロスクラブ入りの商品です。

使ってみると確かに顔を洗った直後はお肌がツルツルになりましたが、洗浄力と摩擦力が強すぎたのかお肌の乾燥がひどくなってしまって、結局はすぐに使うのをやめてしまいました。

元々オイリー肌なので小鼻の周りや口元にいわゆる角栓ができやすく、見た目にも汚らしくて気になっていました。スクラブ洗顔の次に試してみたのが角栓やザラつきを取り除く効果があると謳われていたクレンジングオイルでした。これも使ってみると角栓が取れる事は取れしばらくの間はツルツルお肌にはなるんですが、パッケージに書かれている通りにマッサージするように使っているとどうしても摩擦が起こってしまい、お肌の色素沈着を招くのではないかと思って今は普通のメイク落としとして使っています。

他にも色々とお肌に良さそうな物は試してきましたが、一番効果があると思ったのは余計なものが使われていない薬用の基礎化粧品を惜しみなくたっぷりとお肌にチャージする事でした。それに加えて野菜中心の食生活を心がける事、ストレスを溜めないようにする事。それに汗をかく運動や半身浴をプラスするだけで、いつもと変わらず特別な化粧品も使っていないのにお肌のキメが整ってきたので、高価な化粧品を使うよりも生活習慣の改善を心がけた方が綺麗なお肌に導くための近道なのではないかと思いました。

ニキビ跡を治そうと食生活改善

私は身体の毛量も多く、男性ホルモンが強いせいか、思春期には皮膚科通いが必要なほどのニキビに悩まされました。
社会人になってから特別養護老人ホームで働き始めたのですが、初めての一人暮らしで食生活が乱れる、夜勤アリのシフト制の不規則な勤務、人間関係のストレスなどで肌荒れが悪化し、ストレスを大好きなお酒で解消していたので、腰痛悪化のため26歳で退職して転職し、実家暮らしに戻ったときは肌がボロボロの状態だったので、その時はじめて本格的に素肌美人は目指すために動き出したのがきっかけです。

パート勤務になり時間に余裕ができたので、自炊をして栄養バランスがとれた料理を作れるようになろうと思いました。

今までほとんどやらなかった料理を現役栄養士の母親に習いつつ、料理レシピをすべてマスターし、数年間毎日家族の朝ご飯とお弁当と夜ご飯を作り続けていました。

食生活の乱れが改善したことや、毎日ビタミン系サプリメントと青汁を飲むことで、今では生理前以外にはニキビがほとんどできなくなっています。お酒も今では居酒屋に行く時以外は飲まなくなり、ウォーターサーバーで作った白湯や緑茶を飲むことで美肌を目指しています。料理も断酒も慣れるまでは難しくてイライラすることはあったけれど、今では楽しんで作れるし、お酒以外の趣味のカラオケでストレス解消方法を見つけたので、本当によかったと思っています。

ニキビ跡のシミやクレーターは自分ではどうにもならないので、一人暮らしの時に貯めていたお金を使い、美容整形外科の門をたたき、ケミカルピーリングを受けて治療したことでツルツルの肌を手に入れることができたので、今では実年齢よりも若く見られることも多いし、ニキビができても跡に残らないように気をつけています。

総合的なバランスケア

ツルツル肌になるためにやっていることはバランスの良いケアです。

例えば、基礎化粧品だけ良い物を取り揃えるのではなく、食生活だって大切。それに、程良く運動することや良質な油を摂取すること、水分をしっかり取ることなど、全てがちゃんとお肌に現れるんです。

具体的には今までのスキンケアを見直して、お肌に優しいオーガニックの物に切り替えました。
そこにスペシャルケアとして、週一回のピーリングとパックを追加。ピーリングはザラついたお肌の汚れがスッキリ綺麗になるのでとても気に入っています。洗顔もまずはぬるま湯で毛穴を開かせてから洗顔し、最後にちゃんと冷水で毛穴を閉じるように変えました。パックは国産でオーガニック系の物を選んでいます。

食生活は、とにかくバランスを重視。野菜は有機栽培の野菜を取り寄せて、もりもり食べるようにしています。不思議ですが、健康的な食生活をしていると味覚が変わりますよ。インスタントラーメンとか、レトルト食品が全然美味しくなく感じるのです。そして、手抜きした料理よりもしっかり作ったお料理の方が美味しくて。良いループで、味覚が変わると食べられなかったお野菜が美味しく食べられるようになったり。ドレッシングはオリーブオイルで手作りしているので、良質な油をたくさん食べることが出来ますよ。おやつも有機栽培の果物でたっぷりビタミンを摂取しています。

水分に関しては昔からこまめに摂取するようにしています。最近は漢方のお茶とか、びわの葉茶なども飲んで内側から綺麗になるように。

運動は、オーガニックな食生活をするようになってから外を出歩くのが好きになりました。公園などを歩くと、夏場なんかはすごく良い汗をかきます。汗をかくと老廃物が出ていくので、自然にお肌がツルツルに。ダイエットにもなりますし、楽しいですよ。