女子なら憧れるツルツル肌。そのために試行錯誤した女子の声を集めてみました!

食生活の改善と保湿効果のある化粧水

私は30代後半の時、顎から口の周りに大量のニキビのような吹き出物ができて、困っていました。顎ニキビは、1カ月の周期で、出来ては消える繰り返していました。そのため、メイクのノリが悪く、友達も心配してくれるほどでした。

「どうしても顎ニキビを治したい」そう思った私は、真剣に顎ニキビの改善に取り組みました。

薬剤師さんのアドバイスもあり、私が実践した美肌になる方法は、主に2つです。

1つは食生活の改善です。それまで不足しがちだった野菜、特に、かぼちゃやニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に食べるようにしました。それでも、やはり、野菜は不足しがちになるので、私は毎晩、寝る前に青汁を飲んでいました。私が選んだのは、国産有機ケール100%の青汁です。ケールは、緑黄色野菜の中でも、特に栄養価が高く、スーパー野菜と呼ばれている食材です。それを毎日摂ることで、野菜不足を解消することにしました。

青汁は、青臭さや苦味があるので、それを消すために、私は、牛乳と、はちみつを加えて飲んでいました。 こうすることで、青汁の苦味や、青くささをそれほど感じることなく、おいしく飲むことができましたし、さらに、肌に良いはちみつや、牛乳の栄養素も摂ることができて、一石二鳥でした、青汁を飲んでみて、一番良かったことは、便秘が解消できることでした。腸の中をきれいにすることで、体の中からきれいになり、ツルツルなお肌を目指すことができるようになりました。

私は、青汁を飲み始めて半年が経った頃、しつこかった顎ニキビが、だんだんと減って、薄くなっていくのを実感しました。食べ物が肌に与える影響が、いかに大きいかということを実感させられた貴重な経験でした。

もう一つ、私が実践した美肌になる方法は、肌に優しい保湿成分配合の化粧水を使うことでした。「美肌には保湿をすることが大切」と、薬剤師さんに教えてもらった私は、ビタミンC誘導体や、セラミドといった肌に良い成分を配合した保湿効果の高い化粧水を使ってみることにしました。保湿効果の高い化粧水は、肌への浸透力がすごくて、肌がグイグイ化粧水を吸い込んでいるのを感じました。さっぱりした使い心地で、ヒリヒリする感じがないのも、良かったです。

この2つの対策を実践して、半年が経った頃、しつこかった顎ニキビが、徐々に薄くなりました。

紫外線を避けること

ツルツル肌になるためにやったことは、若い時と今とでは違います。

若い時はとにかく人気のある洗顔や高価な洗顔、良質な化粧品を使えば肌がツルツルで綺麗になると思っていたのでできるだけ雑誌で良いスキンケアをチェックして使うようにしていました。ただ、それでも肌がツルツルになるようなことはありませんでした。

ツルツル肌の人は良いスキンケアを使っているから肌がキレイだということではなく、自分にあっているスキンケアを丁寧に行っているから肌がツルツルなのだと気が付きました。肌の黒ずみ、シミの原因になるのは紫外線ですから、できるだけ紫外線に当たらないようにして、なおかつUVケアはしっかりやるようにしました。

ですが強い成分が入っている日焼け止めは肌への刺激も強く、肌が乾燥するくらい強い洗浄力があるメイク落としを使わなければ落ちないこともあったので、それによる肌ダメージも考えて、ほどほどにUVケアができるファンデーションなどを選ぶようにしました。まめに美容ケアをすることと、肌に優しいスキンケアを使うことでツルツル肌になれるようにもなりました。特に花粉の季節は花粉によって肌がガサガサになったり痒くなったりしてしまうこともあったので、そうした時期はマスクをしたりできるだけ外を歩かないようにすることでツルツル肌を維持するようにもしました。

美容ケアを見直すことで高いスキンエアを使わなくてもツルツル肌は作ることができるということが分かりました。

長かったニキビ肌との闘い

どうしても顔が汚い。ニキビはできるし時間が経つにつれて、顔全体がテカリ出してくる。顔以外の肌はそこそこつるつるしてるはずなのに。なんで、顔だけ! といつも思ってました。この悩みは中学生ごろからずっとあります。顔に自信がないから、よく下を向いて早歩きで移動していました。だからこそ、洗顔や化粧水は人一倍力を入れてきたつもりです。それなのに、どうして? 私の顔は相変わらずニキビはできるわ、ねんねん頬の毛穴が広がってくるわ。それでも、きっと化粧すれば、多少はよくなるだろうと楽観視してました。ところがどっこい実際、自分で化粧を始めると、余計に毛穴が目立つ目立つ。なんじゃごれーと打ちひしがれました。もうこれはどうしようもできないじゃないかと思っていました。

働きはじめてから、学生時代には手を出せなかったちょっとお高めな石鹸や化粧水などを試し始めました。これだけお金をかけて、肌に良いものを与え続けてるんだから、さすがにもうよくなって、きっとみるみるうちにたまご肌になるぜって思っていましたし信じてもいました。でも、実際はほとんど変わりありませんでした。むしろ、年齢を重ねたせいか余計に肌が悪くなってきてる。ニキビ跡もだんだん消えるのが遅くなってる気がする。

もう本当にどうすればいいんだろうと思い、ネットやテレビで美肌の特集があると観るようになりました。そこで、ようやく自分に合う肌ケアの方法を見つけることができました。肌を綺麗にするにはまずは内側から。そう、腸活。排便習慣を整えて体内にある老廃物をなくすことにしました。最初のころは、ヨーグルトをよく食べていましたが、今は、もち麦と甘酒を毎日摂取しています。毎日一回または二回は出るようになっちゃいました。腸活以外にも洗顔も変えることにしました。今までは、絶対に乾燥させてはいけないと思い洗顔してすぐに化粧水や乳液をつけてましたが、今は何もつけてません。洗顔も石鹸を使うのを止めて、ぬるま湯で洗うだけにしました。これだけで、ニキビはだいぶ減ってきました。

どうやら、私は肌を甘やかしすぎたんだと思います。まだまだツルツル肌には程遠いですが、大進歩です。これからも続けていきます。

乾燥肌からツルツル肌にした3つの方法

35歳を過ぎた辺りから肌が乾燥しやすくなって皮膚が落ちてくるようになりました。しかも乾燥している部分が炎症を起こしてしまう事もあるので改善していかなければいけないと思いました。それでいろいろな方法で改善していったら乾燥肌が改善されて肌がツルツルになるほど綺麗になりました。そこで乾燥肌からツルツル肌にした方法を挙げていく事にしましょう。

・洗浄力の弱い洗顔料を使用して洗顔するように改善

今まで洗顔する時は汚れが綺麗に落ちるように洗浄力の強い洗顔料を使用して洗顔をしていましたが、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまったので乾燥してしまう原因になっていました。それで肌が乾燥しやすくなっていたので肌に必要な皮脂まで洗い落とさないように洗浄力の弱い洗顔料に変えて洗顔するようにしました。すると乾燥しなくなってきて肌がツルツルの状態になっていきました。

・納豆を毎日食べるようにした

納豆は健康食品として有名ですが、肌をツルツルにする効果もありました。納豆には女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので毎日食べる事で肌の状態が良くなっていきました。また血液をサラサラにする効果もあり栄養素が全身に行き渡りやすくなったのも肌がツルツルになった要因だと思いました。

・規則正しい時間に睡眠を7時間以上取るようにした。

日常生活の中で肌にダメージを受けますが、修復するには成長ホルモンが分泌する22~2時の時間帯に睡眠を取る必要がありました。それで22~2時の時間帯を含めて7時間しっかり睡眠を取るようにしたら肌の状態が良くなってきてツルツルになりました。規則正しい時間に睡眠をしっかり取る事も重要だと思ったので実践してみました。

つるつる肌に憧れて

私の肌の悩みは、混合肌であることです。

夏には脂性肌、冬には乾燥肌という悪魔のような混合肌にいつも悩まされています。乾燥肌の時期になると顔をさわったときにカサカサしていてうるおいもなく、年を取った印象になってしまうので困っています。

このように、とても困った肌質ですので、つるつる肌にとても憧れています。つるつる肌になるために、インターネット上でいろいろと低価格で買えて、なおかつ効果抜群になるような肌のケア商品がないか探していました。

そんなときに見つけたのが、すごくしっとりするタイプのオールインワンジェルでした。これを選んだ理由は、1000円未満で購入することができて、なおかつ口コミでよかった。乾燥肌がよくなった。とか、そういった高評価な商品であったからです。この金額であれば、たとえ自分に合わなくても後悔しないでそのまま最後まで使えそうな値段だなと思ったのです。

実際に使用してみて、今まで使っていたケア商品よりも自分に合いました。しっとりというのではなく、すごくしっとりタイプだったので、使ったあとはとてもしっとりしました。寝る前に顔を洗ってからこのオールインワンジェルを使用し、翌朝になって肌を触ってみると、カサカサ乾燥肌はどこへやら、つるつるすべすべしていました。これはとてもうれしいかったし、なによりコスパがとんでもなくよかったです。

ただ、このオールインワンジェルは乾燥肌にぴったりという感じなので、夏の脂性肌のときにはべとべとになるので使うのはちょっと考えています。

そのほかにも、つるつる肌になるために、野菜を多くとるようにしました。毎日キャベツの千切りをどっさり食べていました。食物繊維たっぷりなのでお通じもよくなり、肌への影響もよさそうです。

ピーリングジェルとえごま油

吹き出物が出来て困っていた時に元美容師の友達に相談したら、友達がピーリングジェルをお土産に買って来てくれたのがきっかけで、今では週一でピーリングジェルを使用してます。無くなりかけると購入しリピートしております。

使用感はジェルなので冬は少し冷っとしますが、少しの量で驚く程の角質が取れるみたいなので、少しでも憧れのツルツル肌になれるかと思うと、使用するのが億劫な時も頑張れるし次の日が女子会等お出掛けの日も、頑張ってお肌のお手入れ頑張って出来ます。効果は思いの他に抜群で即効果が分かり、洗顔後ゆでたまごのような憧れのツルツルお肌になりますし、基礎化粧品の浸透も良いみたいですし、次の日の化粧品のノリも違うように思います。

最近は吹き出物も出来なくなてったし、肌触りもツルツルで以前と全然違うので満足してます。

その他便秘が酷いのが肌に良くなかったのかなと思い、ごま油を毎晩スプーン一杯飲んでから寝ています。えごま油封を開けたばかりの時は新鮮だから余り味と言うか生臭さは感じないのですが、封を開けて日にちが経つと劣化するからなのか、少し生臭くなり少し飲みづらく感じます。えごま油のお陰で便秘をする日が少なくなり肌も調子が良い気がします。えごま油もリピートしてます。

やっぱりプロがいい

結婚がきっかけで脱毛する人って多いみたいですよね。

式もあるし、エステのついでに脱毛もしちゃう、みたいに。ただでさえ式では肩とか出すし、なにより主役の日はきれいになって挑みたい。
かくいう私もそうでした。

それまでは、いつもカミソリでそって毛抜きで抜く二段構え。そのため、例えば脇の下の肌荒れは半端なくて、ブツブツがまるで鳥肌みたいだし、時々炎症おこして、皮膚の中で膿んでいたり。それを針でつついて出したりしてるからとんでもなくきたない。色素沈着しているところもあるし。

そんなこんなで大宮の脱毛サロンに通い始めたのが式の半年ぐらい前だったんですが、実際は半年じゃ全身って終わらないんですよね。

全身だったら、通常年単位で通うみたい。当時は知らずに脱毛サロンへ駆け込んだんですが、それでも、半年でもずいぶん毛の量が減りました。毛が細く薄くなった感じ。

剃ったときは肌がツンツンしてましたが、それと違って肌がツルツルしたのがかなり感動しました。独身のうちに気になっているところは脱毛しておくほうがいいですよ。

結婚後に通うとなると、値段が値段だし旦那さんにも相談しないと。それよりなにより言いにくいですよしね(笑)

毎日のスキンケア

現在、私は、43歳です。
8歳の娘と5歳の息子を子育て中の主婦です。
本来、私は、乾燥肌でして、子どもを出産してからは、お肌のお手入れをさぼりがちでした。
しかし、今では、お肌の美容のために、化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームを毎日欠かさずぬるようにしています。

2年前、私が実家へ遊びに帰った時に、幼い子供たちの育児に追われ、やつれている私の肌を見た母が、
「もっとお肌にクリームをぬってあげなくてはだめだよ。特に、目の下は、たっぷりとぬってあげてね。年齢は、目の下にでてくるからね。」とアドバイスしてくれました。

現在、私の母は、72歳ですが、お肌がとてもきれいです。
母は、東京都の小学校教諭を65歳までしていましたが、人の前に立つ仕事でしたので、若いころから、お肌の手入れは、しっかりとしていました。
先日、母と一緒に百貨店のお化粧品売り場へ行く機会がありました。
お化粧品売り場の店員さんは、母の肌を見て、「(72歳であるのに)お肌がきれいですよね。」と感心していました。
また、一昨年、母は、ビジネスツアーでポルトガル旅行を10日間ほどしてきました。
一緒のツアーに参加していた人で、お肌のとてもきれいな女性がいました。
彼女の年齢は、60歳でして、高級化粧品を扱うお仕事をしていました。
母は、彼女にお肌がきれいな理由をたずねました。
彼女は、「とにかく美容液を毎日ぬることです。」と答えました。

母のアドバイスやお話しをきっかけに、私は、化粧水・美容液・乳液・ナイトクリームを毎日欠かさずぬるようにしています。
特に、年齢がでてくる目の下は、意識して重点的にぬるようにしています。
以前、私のスキンケア方法は、化粧水・美容液・乳液だけでしたが、母のすすめで、ナイトクリームを追加しました。
ナイトクリームを追加してから、朝起きた時に、お肌がぬれたようにしっとりとするようになりました。
乾燥肌の私にとっては、とても役に立っています。
そして、水で洗い流した後のお肌は、ツルツルとしています。
ちなみに、ナイトクリームは、寝る前にだけぬっています。
また、お肌は、夜作られますので、私は、できるだけ夜12時前に眠るようこころがけています。
ツルツルお肌のためには、充分な睡眠と毎日のスキンケアが大切です。
私は、美人肌をめざし、今後のスキンケアをしっかりしていきたいです。

中からキレイに!

なんだか最近お肌を触った感じがごわごわしてるなぁ、そんなことを何気なく思ったのは、産後。
睡眠時間も少なくなり、不規則な生活になっていた時の事。

アラサーと呼ばれる年になり、いろいろごまかしがきかなくなっていたんだと思います。
朝スッピンの顔を見るのが憂鬱になり吹き出物もできるようになりました。
産後うつのような症状もあり、このままでは、気持ちまでネガティブになっていくのではないか。

そう思い、始めたのが青汁。
よく考えてみれば、赤ちゃんの世話に追われて自分の食事は大体家にある残り物で、丼もの。
野菜なんてほとんど摂ってない!そう思いました。

そこで、お肌自体に何かをするのではなく、まずは口にするものから変えていこうと思いました。
野菜を簡単に摂取する方法で、思いついたのは青汁でした。

何社か試してみましたが、苦いものはほとんどありませんでした。
今の青汁は抹茶っぽいものが多いんですね。

もちろんすぐに効果があらわれるものではないと思っていたので気長に続けました。
お湯で割ったり、牛乳で割ったりしていろいろなアレンジで工夫をしたり。

すると、1か月くらいで吹き出物はできずらくなりました。
そして、便秘も解消されるように。
見る見るうちにというわけではなかったですが、あ!なんだか調子がいい!!
そんな感じでした。

それ以来やめることなく続けていますが、今ではなくてはならない存在です。
高いお化粧品を買ったり、エステにいくことは主婦の私にはできませんが、これなら続けられる!!
そんなものに出会えました。
今は化粧ノリが以前に比べ、すごくよくなりました。
中からキレイに。すごく大切だと思いました。

肌のために行ったこと

私はお金をあまりかけないずにツルツル肌を目指しました。

まず生活習慣を正すことです。まず朝は必ず6時に起床し、体温に近い温度の白湯を飲み身体をなかなから温めます。その後20分~30分かけてゆっくりストレッチをしていきます。じんわりと汗をかく程度が私はベストです。

次に朝ごはんです。朝ごはんは多少バランスは気にするにしても好きなものを好きなだけ食べていました。私の場合は朝から夜にかけてだんだん野菜を多めに、油物は控えめにを心がけていた為、朝だけはOKというルールを作っていました。

夜は11時には布団に入り12時までには寝るというのを意識しました。睡眠時間は長くても7時間短くても5時間を心がけていました。
次に行ったことは入浴時間を有効に使うということです。

お風呂で顔を洗う前に湯船に入り100円均一に売っているシリコンマスクを付けます。10分程つけると湯船からの湯気とシリコンマスクのおかげで顔の毛穴が開いて毛穴の汚れが取れやすくなります。

毛穴を開かせた後には手作りのシュガースクラブで顔を洗います。シュガースクラブはエキストラバージンオイルと砂糖を一対一で混ぜたものです。手作りですので安全でリーズナブルなのでたっぷり使えます。この時に注意する事は必ず優しく円を描くようにして洗うという事です。顔の肌はすごく敏感な為スクラブでゴシゴシ洗ってしまうと肌に傷をつけてしまうので注意です。

その後いつも通りの洗顔をします。お風呂から上がったらお肌を保湿します。比較的リーズナブルな化粧水(ハトムギ化粧水)等をたっぷり使うようにしています。その後ベビーオイルで蓋をしてスキンケアは終了です。

これらはすぐに効果が出るものではありませんが、私は1週間後ぐらいから格段に肌のツヤ、弾力が変わりました。

アーカイブ

カテゴリー